スリーインワン・コンセプツ

Three in one concepts

スリーインワン・コンセプツはストレステストという筋肉の反応をテストする方法により、体の声に耳を傾け、体の知恵に導かれながら幼少期のトラウマを解消することで、現在に自由を手に入れる脱条件付けのためのワークです。

幼少期の経験は、脳の中で現在を判断する基準として蓄えられ、現在起こっていることはその基準に基づいて知覚されます。ストレスを感じるとき、私たちは現在にいるのではなく、過去に起った出来事がまた繰り返されているのだと信じているのです。

私たちはトラウマが起こった当時の子供に戻ってしまい、現在起こっていることにはそぐわないおおげさな反応をしてしまいます。そうして自分がまた同じパターンのわなにはまっていることを嘆くのです。

パターンにはまってしまっている思考作用からは、そのパターンから自由になるための作業を行うことは難しいのです。瞑想では思考から離れて観照することが自由への方法です。スリーインワン・コンセプツでは、そのために二つの方法を使います。

ひとつは、筋肉をテストすることにより体の反応を知ることです。身体はいつでも素直に正直に感じていることを教えてくれます。筋肉の反応は、パターンにはまったマインドが起こす反応を超えていく方法になります。二つ目は、思考から離れる方法です。スリーインワン・コンセプツでは、思考からの距離を脳の機能に求めます。脳の中でパターンにはまって苦しむ部位と今現在で反応できる部位が違うのです。今現在で反応できる前頭葉からパターンを眺めることにより自由が手に入ります。

この二つの方法を使い、自分を制限していた過去のトラウマから自由になることができます。瞑想で気づきを深める作業をしながらも、どうしても越えることができないように思われる壁にぶつかったとき、スリーインワン・コンセプツのワークは脳の中にある自由の機能を使うことで、壁を越えていく手助けをしてくれます。

(この説明文では、瞑想というコンテキストの中でスリーインワン・コンセプツを説明していますが、もともとスリーインワン・コンセプツは瞑想とは独立したものです)