サトルボディヒーリング

Subtle body healing

サトルボディヒーリングは、ハートを入り口として、内側の深みへと入り、そこからクライアントの方につながることで、本来の癒しをサポートするものです。

癒し(healing)は、英語で全体性(wholeness)と同じ語源の言葉です、癒されるとは、全体的になることです。外側の世界では、私たちは一人ひとりが別の存在であり、バラバラであると言えます。そこに葛藤や苦しみが生まれます。一方で内側に深く入れば入るほど、私たちは、全体的になっていきます。内側の深みでは、私たちはひとつなのです。癒しはひとつになることで起こります。

クライアントの方を本来のひとつである状態へといざなうのが、サトルボディヒーリングのプラクティショナーの役割です。

具体的には?

私たちの普段の生活の在り方は、第一チャクラから第三チャクラまでのエネルギーの状態が反映されています。第一チャクラは、肉体的生存と関わる働きをつかさどります。第二チャクラは、感情や人との関係性、第三チャクラは、コントロールすることやされること、社会的なあり方や個人としてのあり方と関係しています。肉体の健康が問題なら、第一チャクラ、人間関係が問題なら第二チャクラ、劣等感や競争、コントロールが問題ならば第三チャクラが主にバランスを崩していると考えられます。

プラクティショナーは、主にこの3つのチャクラのエネルギーとそれに対応するサトルボディをリーディングし、そのバランスを取ることでヒーリングを行います。これらのチャクラやサトルボディにバランスをもたらすのがハートのエネルギーです。

エネルギーリーディングのポイント:

プラクティショナーは、クライアントの方のエネルギーをリーディングするのですが、そのときに、ハートのはたらきを使ってそれを行います。ハートの大切なはたらきの一つに「ありのままで受け入れる」というのがあります。相手のエネルギーをリーディングする方法はさまざまですが、感じ取ったエネルギーに対して、良い悪いの判断をしてしまうとありのままの相手を見ることができなくなる可能性があります。ハートは相手のありのままを鏡のように映し出す力があります。リーディングをされたクライアントの方も、自分が受け入れられたと感じ、安心して自分らしくいることができるようになります。すると、奥の方に隠れていたエネルギーも安心して姿を現し、そのことでリーディングは深くなります。

ヒーリングのポイント:

私たちのチャクラやサトルボディには、長年の間に形成されたエネルギーの構造物(かたまり)があります。それがあるおかげで、いつも同じパターンにはまってしまい、苦しみからも抜け出すことが難しいのです。

サトルボディヒーリングでは、ハートからそのエネルギーの構造物に働きかけ、それを溶かし、全体の中へと統合されるのを助けます。するとチャクラは自由になり、より深い本質を生きるようになります。私たちはより本来の私たちとして生きることができるようになるのです。

セッション時間:1時間半
セッション料:15,000円

※サトルボディは微細体とも訳すことでき、エネルギーの身体です。各チャクラにはそれに対応するエネルギー体があり、第一チャクラの肉体から始まり、順次、身体の外側(同時に内側)へと広がっていきます。

本「サトルボディヒーリング」

Book

リーラ・ラブガーデン、プラサード・ワンダラス、アルヴィナ・ワンダラス共著
和尚アートユニティ出版、定価1944円

本書は、サトルボディヒーリングで扱うチャクラとサトルボディ(エネルギー体)について、詳細に解説しています。第一チャクラから始まり、それぞれのチャクラの具体的なはたらきと、実生活における現れを分かりやすく説明し、それぞれのチャクラをどのように経験し、どのように育てていくことができるのか、豊富なエクササイズを紹介しています。本書を活用することで、毎日の生活でチャクラのはたらきのバランスを取り、本当の意味で成長していくことができます。

セッションでは、同じ原理に従いながら、実際にチャクラやサトルボディのエネルギーをリーディングし、そのバランスを取ります。 に内側)へと広がっていきます。